数学もぐら
?

忘れられない教师の一言


 中学3年生の时だったと思う。
 私は,クラスである教科の教科系をやっていた。教科系の仕事は,教科担当の教师にご用闻きに行ったりすることと,授业の始めにワークブックの答え合わせをすることだった。当时の教师は,授业が始まってもすぐに教室には来ず,授业开始时刻から5分ぐらいたってから教室に入ってきた。教科系は,授业开始时刻になったら教卓の所へ立ち,ワークブックの宿题の答え合わせをするのだ。クラスメイトを顺番に指名していき,「○○さん,1番の(1)の答えを言って下さい」「答えは●●です」「いいです」という具合にやっていくのだ。そんなことをしているうちに教科担当の教师が教室に入ってきて,教师用の椅子に座ったりしてその様子を见ている。答え合わせが终わると,授业が始まるという具合だった。
 ある日の授业のとき,いつものように答え合わせをやっていると,いつものように教科担当の教师が教室に入ってきて,これまたいつものように教师用の椅子に座って答え合わせの様子を见ていた。
 答え合わせが终わって,私が自分の席に戻ろうとしたとき,その教师が呼び止めた。
「おい,××(私の名前),お前,まさか将来教师になろうなんて思ってないだろうな?」
 当时の私は歯科医になろうかと漠然と考えていた程度だったし,その教师の言い方にカチンときたので,ぶっきらぼうに返事をした。
「违います!」
 すると,その教师はこう言った。
「そうか,それならいいだけぇんな。お前のようなやつに教わったんじゃぁ,生徒がかわいそうだ

 何の因果か,私はその「教师」になってしまった。その教师が私の何を指して「お前のようなやつ」と言ったのかは今でもわからないのだが,とにかくその教师に言わせれば,今年も百数十名のかわいそうな生徒がH中学で学んでいることになる。私も今年で教师生活が23年になる。「ド根性がえる」に出てきたあの先生は,何かあるたびに「教师生活25年……」と泣いていたが,あと2年でその「教师生活25年」になってしまう。23年も教员をやっていると,「かわいそうな生徒」はかれこれ3000人ぐらいになるのだろうか。

 一つだけ,その教师のおかげで救われたことがある。
 大学の教育学部に进学した私は,一応教育学部生らしく,何册もの教育に関する本を読んだ。ところが,いろいろ読んだり勉强したりしていくうちに,教育という仕事がとても大切で责任の重い仕事だということがわかるようになり,すっかり自信を失ってしまった。「俺みたいな人间が,教师になっていいんだろうか。俺みたいな人间に,教师が务まるんだろうか」と思うようになったのだ。
 ところが,中学校のときのその教师のことを思い出して,私は立ち直ることができた。「あいつにできたんだから,俺にだってできるわい」 と思ったのだ。
 もちろん,その教师に感谢しているわけではない。それどころか,正直なところ,「あの教师にさえ教わらなかったら……」と思ったことは一度や二度ではない。
 振り返って,今の私自身はどうなのかな?「あの教师みたいにだけはならないように」と思いながら,今日も教坛に立っているのだけれど……。

2004.12.17.(Fri.)


?