吹奏楽もぐら
?

私の音楽歴
小学校6年生
(その3)

 6年生の卒业直前のことだったろうか,ひょっとしたら冬休みのことだったのかもしれない。音楽の先生に,私を含めた数名が呼ばれた。学区のN中学の吹奏楽部の先生が「音楽に兴味がある子を吹奏楽部の见学によこしてくれ」と言っているので见学に行ってみたらどうか,という话だった。いわゆる「青田买い」というものですな。他の部活の顾问の先生から苦情が出なかったのだろうか。毎年部员の确保に悩む私としては,この方法が许されるものならやりたいものだ。话はそれるが,うちの中学の定期演奏会でもパーカッションのエキストラを使う场合が多い。他の部活の3年生はもう引退しているので,その中からパーカッションがやれそうな人にエキストラを頼むのだ。定期演奏会でエキストラをやってくれた生徒は,高校へ进学してから吹奏楽部に入るケースがとても多い。高校で入るのなら,中学で入ってくれればよかったのにと思う。中学でエキストラをやった人が高校で吹奏楽部へ入ってしまうということは,吹奏楽って一度経験するとハマってしまうってことなんじゃないだろうか。小学校6年生に吹奏楽部の体験入部をさせれば,新入部员が増えるんだろうなあ。
 さて,当时の私は「青田买い」なんてことはぜんぜん考えなかったので,喜んで见学に行ってしまった。クラリネットやらコルネットやら,いろいろ吹かせてもらったような気がする。それで私は,N中学へ进学して吹奏楽部に入ることしか考えなくなってしまった。N中学の隣には地元の国立大学の附属中学校があり,いわゆる「头のいい子」はそこを受験するケースが多かった。亲の中には,附属中学へ我が子を入れることに必死になっている人も多かった。「お受験」は,この顷からあったのだ。私が大人になってから,実は私の母亲も私を附属中学へ入れたいと内心思っていたと闻いた。でも,私はN中学の吹奏楽部しか头になかったから,附属中学の「ふ」の字も口にしなかった。だから,母亲も附属中学を荐めることはできなかったらしい。ということは,やっぱり见学は冬だったのかな?
 吹奏楽部が気に入った私は,また见学にいった。そのときは私一人だけだった。他の子は2回行くことはなかったのだろう。私だけが変わり者だったのだ。そのときは,ユーフォニアムを渡されてそれを吹いていた覚えがある。ユーフォニアムをやる生徒がほしかったようだ。
 その当时の顾问はS先生。N中学のS先生と言えば,このあたりの吹奏楽関系者では知らない人はいないのだろう。まだ子どもだった私にはよくわからなかったが,S先生はN中学に赴任したばかりで,吹奏楽部を育てようと一生悬命だったらしい。この何年か後に,N中学は全国大会の常连になるのだが,私が入部したのはその上り坂がちょうど始まる时期だったようだ。
 この「青田买い」にまんまとひっかかったために,私は吹奏楽にのめり込むことになるのだ。

2004.08.14.(Sat.)


?